(26)ワクチンで浸出液

 膝裏の黒ずみはそのままに冬を乗り切った春、旅行中にローラー式のすべり台があり、おしりに敷くビート板があるのに気付かず、子供はうれしくて何回も滑りました。

 全員臀部の皮が破けましたが、娘以外は5日もかからず治りました。しかし、娘は治りかけの痒みがアトピーの痒みを呼び覚ましたらしく、掻いたので酷くなり、ここにアトピーの湿疹ができてしまいました。

 しつこくなかなか治りません。もう酸化ステロイドは出ていったわけだから治っていってもいいはずなのに。またつるポカを塗ってみたり、しばらくやめてみたり…。一進一退を繰り返しこうなるともう膠着状態です。

 夏が終わっても治らず、やはりまた熱心にマッサージを始めることにしました。まず、つるポカを塗って(これが痛がってなかなか)波動水をつけてクレイ(ミネラル豊富な海底の泥)をはたいてラップを当て、膝裏も同様にしてマッサージをしました。

 塩分を塗ってマッサージをするので、患部は赤みを帯びて熱くなります。これも刺激になり過ぎはしまいかといささか不安になりながらも毎日ではありませんが続け、予防接種の時期になりました。

 子供が接種できる年齢から毎年2回ずつ大きな病院で打っていましたが、今年は知人から聞いたすぐ接種できる医院で1回だけ受けました。
ところが、ワクチンの製剤が違うのか2人共に異常が出ました。

 娘は翌日など目が痛いと言い出し、それから身体がずっとだるそうで12日目に扁桃炎のような熱を出しました。息子は打って4日目の朝、目やにが塞がって目が開けられない状態になりました。

 アトピーは悪い物を身体から出そうとする体質なので、息子は皮膚にダメージがなかったので目から、娘は臀部にダメージがあるのでそこから浸出液が出てきたのでしょう。

 もうすぐ冬という時期にこういう排出活動があるのはウチの子では珍しいのです。ですからこれはやはりワクチンを受け付けられなかったので、出しやすい所から出したということではないでしょうか。

                ホームに戻る                   次へ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。