(18)HMS療法とは?

 H…波動、M…水、S…スキンケアです。ここで「波動」と聞いただけでザザーッと引かれる方も多いかと思います。でも波動は気功師の出す「気」のようなものだと思います。気合いを入れる、殺気を感じる…など誰でもほんの少しは持っているものだと思います。

 現時点では証明されていません。目に見えるものではないので正直私も100%信じられもしないし、かといって10%も疑えません。今の技術では検出できないエネルギーだと思っています。今世紀には証明されると期待しています。

 あの日本中知らない人がいないくらい有名になったノーベル賞受賞者の小柴教授が研究していたカミオカンデの観測で初めて知った素粒子というもの、それはあなたがこうしている瞬間にもあなたの体を突き抜けているんです。不思議ではありませんか? 目に見えないからといって頭から拒否するのはナンセンスだと思います。

 ノンアトピー友の会の製品にはすべてこの波動がかかっています。それだからこそ強烈なリバウンドを乗り越えられるエネルギーを与えられ、助けることができていると創始者は分析しています。

 この波動を出すシートを敷いて寝て、自然治癒力をより高めようとするものです。よく眠れない人がこのシートを敷いて寝るとよく眠れるとのことですが、私は1分で眠りにつける人なので効果はよく分かりませんでした。

 ただ、明らかに血流が良くなったという実験のデータが出ています。このシートの小さい版もあるのですが、お腹の具合が悪い時にあてがっていたらその厚みからは考えられない温かみが感じられ、調子の悪い時によく使っています。

 シートの他にセントラルウェーブという波動を出す器械をツボに当てて血流を促し、全身に血液が巡るように計るものです。

 Mの水は、波動水を飲むことです。子供なら1日1.5〜2リットル、大人なら4リットルを飲むよう勧められます。たくさん水を飲むことで老廃物を出しやすくなり、循環もよくなります。特に浸出液が出ているときは水分を補給してあげないととは思いますよね。娘も2リットルは飲めませんでしたが1リットル以上はいくよう頑張りました。

 Sのスキンケアは、波動のかかった超酸性水やつるポカと呼ばれるたんぽぽとよもぎを主成分とした入浴剤やミンクオイルを肌の様子を見ながら加減して塗ることです。このつるポカには塩分が含まれていて肌に塗ると大人でも飛び上がるくらい滲みて痛いです。それで2度断念したわけです。(健康な肌の人には何ともありません)

 もし仮に波動のことを全く考えないでも、ここにはトラブルに陥らずにリバウンドを乗り越えられるアイテムが揃っているので3度も挑戦したわけです。

 浸出液が出てグチュグチュしたバリアーの整っていない皮膚は細菌やウイルスが取り付きやすい状態です。その菌を殺す超酸性水やヒトの脂肪分の組成に近い吸収性のよいバリアーとなるオイルがあり、昔から肌によいとされるたんぽぽやよもぎを主成分としたつるポカがあります。

 このつるポカ、それ以外にも思っても見ない効能があったのです。

                ホームに戻る                   次へ
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。