(8)二年続けて中耳炎の巻

 娘には症状が出ているところだけ、ワセリンやオリーブオイルを塗っていたと思います。それでまあまあ普通の状態を保てていました。つまりちょっと荒れてくるとスキンケアを丁寧にしてよくなるという繰り返しでした。

 入園前の冬には外耳炎と中耳炎を続けてやり、しばらく通いました。やはり幼児は抵抗力が弱いので中耳炎などによく罹りますが、もう少し大きくなると免疫力が強くなって滅多にならなくなります。

 もし、小学生になってもプールに入っていないのに中耳炎になる場合は、何らかの薬で免疫抑制を受けていたり、免疫力が落ちているのかも知れません。

 ということがあってから、入園前に肘裏、膝裏がかさつき出し、いわゆるアトピー性皮膚炎の様相を呈して来ました。多くの症例が肘裏・膝裏に限局するのは、普段よく折れ曲がっているため、リンパ液の流れが滞りやすく、老廃物が溜まりやすくなるからです。今になってみれば、そういう風に考えることができます。

                ホームに戻る                   次へ
  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。