(25)リンパ液は全身を巡る

 離脱の際は患部だけでなく他のところにも変化があります。膝裏に新しい皮膚が張った後から、身体の上部から下部に向かって少し赤みのかかった(または褐色の)部分が移動していき、一通り変化が終わると指先の皮がむけたりします。

 患部以外にも痒がる部分はへそ周りとかにありましたが、特にしつこかったのが脚の付け根・ビキニラインでした。やはり身体が折れ曲がる関節部分はリンパの流れが滞り易く、痒がって掻くので黒ずみ、リンパの流れがよくなるよう念入りにマッサージしました。

 2ヶ月くらいできれいになりましたが、膝裏の黒ずみは離脱直後に比べるとやや色が濃くなり、この状態のまま次の春になりました。黒ずみ以外はよくなったので、つるポカも滲みず、冬中はいつしか本人に塗るのを任せるようになっていました。あまり痒がりもせず、夜もぐっすり眠れて、あの惨状は何だったかと思うくらいよくなったのです。

                ホームに戻る                   次へ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。